商標キーワードと一般キーワードどっちが稼げる?

商標キーワードと一般キーワードどっちが稼げる?

商標キーワードと言うのは、『アイキララ』、『サラフェ』、『リビドーロゼ』と言った、商品名のキーワードのことです。

それに対して、一般キーワードと言うのは、二重、脱毛、制汗、ニキビ、と言ったものになります。
これは、人によって呼び方が違うかもしれませんが『商標キーワード』と『そうでないキーワード』と考えてもらってもいいと思います。

どっちが稼ぎやすいかと言うと、ダントツで、『商標キーワード』です。
その理由は、商標キーワードで検索しているユーザーは、その商品を買いたくてウズウズしている
からです。

例を挙げると、

『二重 家で 方法』と言うキーワードで検索している人に『ナイトアイボーテ』を提示してもその商品の名前自体を初めて聞くのであまり興味を示さないのに対して、『ナイトアイボーテ』で検索するユーザーはその商品が、家で二重にしてくれる商品らしいと言う情報をある程度持っているので、「納得させてくれる情報さえあったらいつでも買いたい!そんな商品に出会って幸せを掴みたい!」

と、意識的にでも無意識にでも心の中で強く思っているからです。

ただ、デメリットは、商品の寿命は誰にも分からず、いつ商品の販売が終わるか分からない。
また、それほど多くはない商標キーワードのシェアをライバル同士で奪い合うのでそれなりに対策が必要と言うことが挙げられます。

それに対して一般キーワードは商標キーワードに比べて特定の商品を購入してもらうのが難しいですが、そのキーワードを手に入れられればそれに対して、『売れる商品』のランキングを提示するだけで長期間にわたって売り続けることができます。

商標キーワードに対して検索件数も多いので検索上位に表示されれば、キーワードにもよりますが、非常に多くの報酬を稼ぐことも可能です。

『商標キーワード』、『一般キーワード』それぞれにメリットとデメリットはありますが、

【稼ぎ易いのは商標キーワードです】

そして、『売れる商品』が分かっているのなら、

【間違いなく商標キーワードがダントツで稼げます】

纐纈たかひろのメルマガ講座
この記事はお役に立てましたか?
毎回、精一杯の力を振り絞って記事を書いています。
みなさんの反応だけが私のモチベーションです。
よろしければブログランキングの応援のためにクリックをお願いいたします↓。
M0DczlxDXOCLnPt1469632164_1469632246

More from my site


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です