【アフィリエイト記事】自分で書くのがいいのか?外注がいいのか?どっち?

【アフィリエイト記事】自分で書くのがいいのか?外注がいいのか?どっち?

アフィリエイト記事を自分で書くのがいいのか、それとも外注するのがいいのか、どっちがいいと思いますか?

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

結論から言うと、 【自分に合った方法で進めるのがいい】です。

「なんだよ、そんなのあたりめーじゃんか!!分かりきったこと言うんじゃねーよ!」

って思いますよね?

私もそう思います。

ですが、これって、分かっているようで結構分かっていなかったりします。

つまり、

「自分で書こうかな?いやいや、外注に手を出してみようかな?」と悩むばかりで一向に記事が書けず、何にも進まないまま半年経過し、さらに時は過ぎて1年間な〜んもしませんでした
なんて、結構あります。

自分で記事を書くのが向いているのか、それとも外注で進めていくのがいいのか、

どちらがいいのかを見定めるために、こんなことをしてみて下さい。

【商標アフィリエイトの記事を30記事書いてみる】

やっぱりなんといっても稼ぎやすいのは商標アフィリエイトです。

ターゲットがすでに商品に対して興味を持っているということと、キーワードが明確なので、とにかく稼ぎやすいです。

Googleキーワードプランナーで月間平均検索ボリュームが500以下の商品を選んで、その商品に関する記事を文字数2,000文字以上を目安にして、2ヶ月以内に30記事書いてみて下さい。

もちろん、選ぶ商品は、私がメルマガやブログ、【特典】で教えている、『売れる商品(=稼げる商品)』ですよ。

それが達成できたら、あなたは『記事を書ける人』です。

そんなあなたは、記事をどんどん書いていって、ライティングスキルをアップさせていって下さい。

書き続けていると、必ず、稼げるポイントが分かるようになる時期がきます。

そうなったら、月30万円、月50万円、月100万円達成は時間の問題です。

『記事を書ける人』は、どんどん記事を書いて、ライティングスキルをアップさせ続けましょう!

それに対して、記事が全く書けないと分かった人は、さっさと記事の外注に取りかかりましょう。

もちろん、お金をある程度持っているという前提です。記事の単価・数・質にもよりますが、10万円から40万円といったところでしょうか。

あんまり安っすい単価で記事を発注すると、安っすい内容の記事だらけになりますから、そこは注意しましょうね。

安くて内容の薄い記事は、ブログの信ぴょう性を地の底まで落とすので、十分に注意して下さい。

と、今日は、 記事を自分で書くのがいいのかそれとも外注するのがいいのかについて書きましたが、どうしてこんなことを書いたかというと、これを言いたかったからです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

自分で記事を書いても、
自分で記事を書かなくても、

どっちでもいいから、
とにかく行動しましょう。

その背景には、こんな事例があります。

■オウンドメディアで、600記事(六百記事)を自分で書き、月650万円のアフィリエイト報酬を手に入れているAさん。

■オウンドメディアで、5,000記事(五千記事)を外注して、月450万円のアフィリエイト報酬を手に入れているBさん。

両極端な例ですが、現実に存在します。

だからこそ、私はこう言います。

自分で記事を書いても、
自分で記事を書かなくても、

どっちでもいいから、
とにかく行動しましょう。

纐纈たかひろのメルマガ講座
この記事はお役に立てましたか?
毎回、精一杯の力を振り絞って記事を書いています。
みなさんの反応だけが私のモチベーションです。
よろしければブログランキングの応援のためにクリックをお願いいたします↓。
M0DczlxDXOCLnPt1469632164_1469632246

More from my site


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です